Suite XVI/The Stranglers

本日のお仕事BGMはストラングラーズの通算16枚目のスタジオアルバム「Suite XVI(スィート・シックスティーン)」でした。

パンク/ニュー・ウェイヴ系にハマるきっかけとなったのが2ndアルバムの「ノー・モア・ヒーローズ」だったのでその手のバンドで関心を持ったのはストラングラーズが最初だったと思いますわな、今思えば。。。
※1979年 XTCの京大西部講堂が人生初の外タレライブだとすれば、2度目の来日で京大西部講堂でやったストラングラーズ(レイブン発売時期のツアー)が2度目の外タレライブ。この際、隠し録りした音源があったと思うんだが。。。手に持っていたマイクロカセットのデッキをステージ上のジャン・ジャック・バーネルに見られとったらしく思いっきりメンチ切られとった様な記憶が(苦笑)。この時のテープは押入れの奥底だと思われ^^;(割によく録れとった様なwww)この時に購入したカラーがグレーのツアーTシャツもあったと思うけどそれも押入れかな。。。最後に見かけた際に虫喰い穴が出来ていた様な記憶が。まあ、懐かしい思ひでです^^

「野獣の館」〜「夢現」まではアナログLPで「10」はCDで購入しとったかなー。
※「10」からアナログLPの日本盤が出なくなったので仕方なくCDを購入。。。

ヒュー・コーンウェル、ジャン・ジャック・バーネル、デイヴ・グリーンフィールド、ジェット・ブラックのオリジナルメンバーの間は思い入れも有り、アルバムの良し悪しは別にしてずっと購入していたのだが。。。ヒュー・コーンウェルが脱退して以降、ポール・ロバーツがボーカルになってからの「In The Night」〜「Norfolk Coast」は関心が無くなりたまにYoutubeで動画をチェックする程度になってしまった。
※関心があったのは元ヴァイブレイターズのジョン・エリスが在籍してたって事くらいかなぁ。

2006年、にたまたま見かけたネット記事で久しぶりの国内CD発売との事で「Suite XVI」の音源を耳にしたところ何やら懐かしい感じのストラングラーズの音が戻ってきたとwww

まあ、1曲目のUnbrokenの出だしのボーカルがジャン・ジャック・バーネルなので余計に昔の音を彷彿とさせたのかなと。「Suite XVI」は結構お気に入りのアルバムでは有ります。

こんな動画も発見しました!1979年のライブ映像みたいですな。背景にレイブンツアーの大鴉のイラストが配置されているので大変懐かしく思います。(京大西部講堂のセットもまんまだったから^^)

2012年発表の「Giants」も期待を持って聴いてみたのですがこのアルバムは少しばかり肩透かしを喰らった様なwww
※ドラムのジェット・ブラックがクレジットされているのはこのスタジオアルバムをもって最後みたいなので少し寂しさは感じますけどね。

何はともあれ、ザ・ストラングラーズ約27年ぶりとなる単独来日公演を行うことが決定。11月来日との事です。東京公演のみなのでまあ、個人的には行かへんけどねー^^;
https://www.hipjpn.co.jp/archives/53589


今回、BGMとして聴いていた音源です^^
※購入してもらえばアフェリエイトリンクなので
ワシが助かります^^;(チャリーン♪)


パンク・ハードコアランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ランキング参加中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です