trash*、嘲笑う樺太/THE STALIN

本日、お仕事BGMで聞いていたのは
ザ・スターリンの「trash*」「嘲笑う樺太」でした。なぜか邦楽ですなwww
理由はというと何故だか久しぶりに聴きたかったから。。。

当時、ザ・スターリンというバンドを認識したのは喫茶店で見かけた「女性自身」の記事でした。
ドールに掲載されていた”自閉体”という前身バンドもありますがそのバンドがのちのスターリンだと認識したのは後の事でしたね。

まず「trash*」ですが基本的に1981年のクリスマス・イヴに自主制作盤として限定1000枚、さらに追加で後1000枚という形でアナログLPでリリースされた超貴重な音源ですな。オリジナル盤は2000枚しか存在しない代物www
内容はA面がスタジオ録音、B面は京都 磔磔でのライブとなります。

学生時代にすでに入手困難なブツだったのですがバイト先で一緒だったこの手のバンドに詳しいバイト仲間が持っているとの事だったのでこのアルバムとINUのファーストアルバム「メシ喰うな」「牛若丸なめとったらどついたるぞ!」を一緒にテープダビングしてもらって聴いていたという記憶があります。

海外でブートCDが一時期発売されていたのとNagasaki Nightmareレコード名義で発売されていたとの事ですが今ではこれも入手困難なものらしいです。。。
メジャー・デビュー作の「STOP JAP」よりはるかに荒削りな音作りです。

次に「嘲笑う樺太」というザ・スターリンの海外ブートのアナログ盤をデジタル化したものですな。
初期ザ・スターリンのEP+海外オムニバス収録曲+『Fish Inn』予約特典ソノシートで構成されたベスト盤。

懐かしき話ですがザ・スターリンのライブは2度程、行きました。
1度はSTOP JAP発表時期のツアー、確か京都の五条堀川あたりにあったライブ・スペース「ZA SCENE」だったと。
(ステージの左右に音楽評論家の阿木譲、INUの町田町蔵が突っ立てた様な。。。)
2度目は京大西部講堂、Fish Inn 発表時期のツアーだったと。
結構、客のノリも良くライブとしては楽しめたかと思います。

1982.3/28 テレビ埼玉《ミュージック・ニューウェーブ》より
メジャー・デビュー直後なのか客の反応が微妙ですなぁwww
まあ、当時の一般の観客相手だとこんなものかと。。。まあそんな時代です。

こちらは1982年のライブの模様ですなwww 客質が違うので受けてます^^



今回、聴いていたものでは有りませんが
初期の入手可能な音源ですwww
※購入してもらえばアフェリエイトリンクなので
ワシが助かります^^;(チャリーン♪)


パンク・ハードコアランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ランキング参加中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です